Viewing entries tagged
トレンド

ブルックリンに激震。トンネル工事の影響でウィリアムズバーグはどう変わる?

Comment

ブルックリンに激震。トンネル工事の影響でウィリアムズバーグはどう変わる?

ブルックリンに激震。トンネル工事の影響でウィリアムズバーグはどう変わる?

 

 

先月ブルックリンで大きく話題になったニュースがありました。それはマンハッタンとブルックリンを結ぶL列車のトンネルを長期間運行停止するというMTAの発表です。


数年前にニューヨークを襲ったハリケーンサンディの影響を受け、トンネルの修復作業にMTAが着手することを決めました。まだ工事開始日や期間といった具体的なスケジュールは発表されていませんが、短くても1年半、長くて3〜4年と見込まれています。

 

特に大きな影響を受けると言われているのが、ウィリアムズバーグとブッシュウィック。マンハッタンまで毎日数十万人が利用していると言われているL線。この影響で両エリアはテナントが流出すると見込まれ、賃料が下がると予想されています。上がり続けるウィリアムズバーグの家賃がここに切ってやっと高止まり、どころか下落する可能性が急遽出てきました。

 

一方で、恩恵を受けるエリアも出てきそうです。例えばJMZライン。今はウィリアムズバーグL線の人気の陰に隠れてしまっていますが、L線が使えないとなれば多くの人が利用することになると思われます。今までベッドフォードが好きでL線沿いに絞って物件探しをしてた人も通行の便を考えてこちらのラインに移動することは大いに考えられます。


他にもグリーンポイントやベッドスタイブサントといったGトレイン沿いにも同じことが言えると思います。今までは不便とされ、一時期廃止されるのではと言われていたG線ですが、ここに来てクイーンズ〜ウィリアムズバーグ間、マンハッタンへの乗り換えができる点から脚光を浴びる可能性が出てきました。


ウィリアムズバーグの需要が下がる一方、その代替を果たせるエリアの需要はかなり上がっていくと思われます。このMTAの発表で、泣きを見る大家さんとほくそ笑む大家さんとで大きく反応が分かれるでしょう。これからブルックリン地区で賃貸をご検討される際は、この事実を踏まえた上での目利きが大切になってくると思います。 

Comment

ニューヨークの大雪で一泊200ドルのカマクラが登場

Comment

ニューヨークの大雪で一泊200ドルのカマクラが登場

ニューヨークの大雪で一泊200ドルのカマクラが登場

 

先日の大雪で起こった珍事件です。大雪を利用してカマクラ(イグルー)を作り、すぐにAIRBnBに掲載するという早業。しかも200ドル!!

ニューヨークだからこそこのレートでも行けるだろうと思ったのでしょう。が実際、冬のニューヨークの不動産マーケットはスローで、観光客は減り家賃やホテルもかなり値段を下げます。夏と比べ半額以下の料金設定をしているホテルや短期アパートはざらにあります。

つまり100ドルもあればマンハッタンのコンドミニアムやホテルは見つけることは可能なんです。その中で、200ドル!!しかもブルックリンの僻地!!強気です。

単なるギャグだったのか真剣だったのか皆目見当もつきませんが、かなり話題になってたようで、現在自分も巨大カマクラを製作中なんですが、何人もの友達からこの記事をシェアされてました。

 

今回の大雪騒動ではたくさんのフライトキャンセルが出たため、旅行客はもちろん短期アパートのホストやホテル側もかなり大変だったと思います。自分が経営している7件のアパートもキャンセルや日程変更などで色々と追われました。ニューヨークの古いビルを考えると、天井が抜けた、水が漏れてきた、なんてのはいたるところで起こっているでしょう。

雪は好きですが、好きだと思えるのは初日だけですね。水捌けの悪いニューヨークの街では雪の残骸はただの地獄です。

Comment

Lトレインは本当にシャットダウンされるのか?

Comment

Lトレインは本当にシャットダウンされるのか?

Lトレインは本当にシャットダウンされるのか?

ブルックリンが大騒ぎになってます。それもそのはず、ブルックリンとマンハッタンを結ぶカナーシートンネルが数年間に渡り閉鎖される、と急な発表があったからです。これはニューヨーカーにはお馴染みの「L線」に関わることで、毎日35万人の乗客が利用するニューヨークでも一位二位を争う人気ラインです。これが止まるとなると、通勤・通学に大きな支障が出るとして大騒ぎになっています。

 

そもそもなぜ閉鎖されることになるのか。運営会社のMTA曰く、数年前に訪れたハリケーンサンディの影響が大きく、イーストリバーの地下を走るトンネルの修理を行わないといけないとのことです。その方法として、

1、全面閉鎖し1年で復旧するプラン

2、2レーンある線路のうち片側だけを閉鎖。片側で往復の電車を計画的に運行。この場合は3−4年の工事完了見込み

とのこと。ウィリアムズバーグに住む人たちのリアクションはこちら↓

 

そういう自分もウィリアムズバーグに住んでいます。他人事ではないです。もし閉鎖されるとなると間違いなく引っ越します。通勤地獄です。

ニューヨークの不動産は、

1にロケーション

2にロケーション

3にロケーション

と言われています。ロケーションが全てなんです。もちろんおしゃれなエリアは人気があります。と言っても何よりみんなが気にするのは駅へのアクセスそして通勤、通学へのアクセスです。Lラインでマンハッタンにいけないとなると、多くの人が脱出するでしょう。また多くの人が家探しの候補から外すでしょう。

でもこれはいいことかもしれません。

ニューヨークで最もアーティスティックでおしゃれな若者の街として定着しているウィリアムズバーグですが、近年その人気から家賃が爆発しています。これを機に人の流入が落ち着けば、家賃も下がり観光客も減り、またゆったりとしたアートでヒップな街へと戻って行くかもしれません。

 

Comment

タイムズスクエアのトイザラスが閉店した理由

Comment

タイムズスクエアのトイザラスが閉店した理由

タイムズスクエアのトイザラスが閉店

2015年の12月30日、観光地ど真ん中のタイムズスクエアにある看板店舗トイザラスが閉店しました。2001年の9/11後に開店したこの店は家賃の高騰を理由に閉店する決断をしたそうです。現在は他の場所を探してる模様。 来られた方はわかると思いますが、このトイザラスは他店と違い規模がとてつもなかったんです。1階から2階まで貫く観覧車、動くティラノサウルス、どでかいエンパイアステートビルディングのレゴなど印象的な店作り。

times-square-toy-store.jpg

いつ行ってもお客さんでいっぱいだったこのお店が根をあげた家賃とは。

所有者によると、年間平方フィートあたりの家賃が、2階で$350、地下で$150、一階がなんと$2,500だったそうです。ニューヨークの計算方法に慣れてない方にはわかりにくいかもしれませんが、例えばマンハッタンのミッドタウンにラーメン屋をオープンするなら、一階で探したとても年間平方フィートあたり$50-$150で探すことができます。そう考えると2,500ドルの異常さがお分かり頂けると思います。

このトイザラスの規模は 21,000-square-feet だったようですが、ご存知の我らがユニクロが君臨する5番街の店舗はなんと89,000 square feetです!15年契約で約300億円です。 ニューヨークとんでもないですね。

マンハッタンは軒並みに小洒落た個人経営のお店が潰れていってます。カフェは大手チェーンが目立つようになってきました。そのせいか最近ではブルックリンが、と言ってもここ10年特に盛り上がってきてます。 この文章を書いてるお店、BlackStarもウィリアムズバーグにありますがかなりいけてます。チャイとスープとドーナツが美味いです。カフェのためにブルックリンに引っ越しました。


新しくカフェをオープンされるならブルックリンも視野に入れて見られては。日本食はマンハッタンでも全く問題ないと思います。日本食ブームですから。

Comment

どうなるニューヨークのAIRBNB?

Comment

どうなるニューヨークのAIRBNB?

どうなるニューヨークのAIRBNB?

 

日本でも大ブームのAIRBnBですが、ニューヨークではもう随分前から注目を集めています。利用者が多いからというのはもちろん、ホテル業界との争いでよくメディアで取り上げられているからです。

 

これまでAirbnbは違法のホテルを乱立させ、ニューヨーク市での住宅不足を悪化させていると批判されて来ましたが、ここにきてAIRBnB側はその批判に対処するためか自社データを公開しました。同社によると、2014年11月から2015年11月の間でアパートを1つしか貸し出してないホストが全体の90%、6%は2つのリストを持っていて、残りの4%が3つ以上のを貸し出しているとのことです。この3つ以上の物件を取り扱っている4%のホストが、全収入の約25%を占めているそうです。 データーによれば3つ以上のアパートを持つホストが3541件、1または2つのリストを持つホストが約24,200件となっています。


2008年に設立され、今や世界190ヶ国、34,000都市に広がっているAIRBnB。取り扱いリスティングの数も200万以上を超えています。旅行者にとっては滞在アパートのレパートリーも広がりコストも下がりいいことづくめですが、各都市にはそれぞれの法律があり各地域で摩擦を読んでいます。ホテル業界のパワーの強いニューヨークはなおさらです。

 

これがどういう展開を迎えるかは誰もわかりません。しかし長い目で見れば必ず多くの人にとって便利になるサービスは生き残ります。それが歴史の教えてであり、フラット化・リキッド化、と言われるインターネット時代の大きな潮流だと言えるでしょう。

 


Comment

マンハッタンの家賃がとんでもないことに

Comment

マンハッタンの家賃がとんでもないことに

マンハッタンの家賃がとんでもないことに

 

「この家賃の高騰はいつまで続くんでしょうか」そんな質問を受けることが増えてきました。5年前にはマンハッタンの家賃が高騰から多くの人がブルックリンやクイーンズに動くという流れが顕著でした。今ではクイーンズもブルックリンも高騰してしまい、ブロンクスやニュージャージー、一人暮らしからルームシェアへという流れも増えてきました。

 

そこでいつ家賃が下がるのか?ですが、一つ残念なデータが上がってきました。2015年第3四半期、マンハッタンの家賃高騰率が昨年比で過去最高に達したのことです。これはあくまでStreeteasyの第3四半期報告書によるデータに基づいたものです。streeteasyによると7年前にデータ収集を開始して以来、2014−2015間の第3四半期が最もマンハッタンの家賃高騰しているとのことです。これによりマンハッタンの賃貸中央値提示価格は$ 3339となり、前年比で9.5%上昇、ブルックリンでは$ 2,600となり1.5%を上昇したのことです。

 

その内訳を見ますと、マンハッタンのスタジオで最大6.5%が値上がり、二ベッドルームで最大9.7%、1ベッドルームが最大の10.7%増加で$ 3,271となっています。逆に三ベッドルームのは3.6%に伸び率は低下しました。

 

ブルックリンはマンハッタンより緩やかな伸びを示しましたが、最も伸び率の高かったベスト5のエリアのうち4つはブルックリンが占めました。Canarsieがなんと33.3パーセント、Bronwnsvilleが28.8パーセント、 Northeast Flatbushが26.3パーセント、Gowanusが23.1パーセントです。5番目にマンハッタンのMurray Hillで16.7パーセントで入りました。

 

この結果、マンハッタンで$1500以下で借りられる物件数は(streeteasyの中で)去年の450部屋から264部屋に減っています。ー41.3%です。それに対して$3500以上の物件は去年の9827件から13065件に増加しました。

 

エリアによってはルームシェアでも1500ドルを超えています。マンハッタンからブルックリン、クイーンズ、そしてブロンクスへと人が流れています。家賃の高騰から逃げ延びることはできるのでしょうか。リーマンショックから7年、上がり続けた家賃はどこでストップするのか。

 

家賃高騰に伴い引っ越しを検討される方はお早めにご連絡ください。冬場は唯一家賃交渉ができるチャンスです。

 

 



Comment

ブルックリンの人気エリア5選

Comment

ブルックリンの人気エリア5選

ブルックリンの人気エリア5選

 

「ブルックリン」は大きく30以上のエリアに分けられ、それぞれが地域が独自の個性を誇っています。もはやマンハッタンの補欠的な地位だったブルックリンの面影はなく、世界中からダイレクトに「ブルックリン」を目掛けて個性派が飛び込んできています。その中でも特に人気の高いエリアをご紹介します。

Park Slope

ブルックリンの最大の公園「プロスペクトパーク」に至るまでの丘にあることから、その名前が付けられています。プロスペクトパークもマンハッタンのセントラルパークを設計したフレデリック・オルムステッドとカルバートヴォー、に作られました。

パークスロープは、9ストリートを境に「ノーススロープ」と「サウススロープ」に分かれています。パークスロープは、静かな環境で、良いレストラン、良い学校が多く、プロスペクトパークにも近接していることからファミリーにとても人気があります。歴史的なブラウンストーンとガスランプで知られています



WILLIAMSBURG

 

言わずと知れた芸術家や作家に人気の場所として、今やマンハッタンのイーストビレッジを凌駕しています。その人気から家賃の高騰の問題がありますが、まだまだ歴史と伝統が豊富に残っており古典的なブルックリン地区の一つといえるでしょう。アーティストやミュージシャンだけでなく、成功した専門家やその家族、が多く住んでいます。

1980年代に、古いものと新しいものの興味深いブレンドが始まり、若いアーティストや起業家が高騰するマンハッタンから移り住み、大規模なオープンスペースや高い天井を活かして個性的なお店を作っていきました。家賃が高騰している今でも20代の個性派には抜群の人気があります。

 

Dumbo

 

このかつて賑やかだった工業地域は、高い天井、広々とした客室、テラスを備えた19世紀の倉庫やアートギャラリー、そしてエレガントなマンションとの鮮やかな融合が魅力的です。ダンボは成功した実業家や芸術家が数多く住んでいます。ダンボから見るマンハッタンの最高の景色、古典的な石畳の通りが有名です。


Cobble Hill・Carroll Garden

コブルヒル、キャロルガーデンは主に若い実業家や若い夫婦と若い家族で構成されています。地域の特徴でもあるブラウンストーンの家は、裏庭を持ってることが多いのも魅力的です。

 

キャロルガーデンはフランス人の影響が強く、フランス革命記念日の7月14日は毎年イベントが行われています。

 

 

 

BUSHWICK

ウィリアムズバーグの隣に位置し、比較的まだ家賃も高騰してないことから多くのアーティストが移動しています。ブッシュウィックは、かつて独立していた町であり、その歴史の中で様々な領土の変更を受けてきました。今日、大部分はヒスパニックで構成されており、他の地域に比べてアパートは安く、場所によってはまだまだ治安に不安を残す場所もあります。

 

日本はもちろん世界中にブルックリンネームが浸透してきています。しかし同じブルックリンと言えど場所によって特徴も景観も違うのはもちろん、人種構成や治安面も180度違ってきます。ブルックリンのネームバリューに騙されることなく、しっかりと地域を選択することが重要だと思います。

Comment

中国とバブル時代の日本との共通点

Comment

中国とバブル時代の日本との共通点

中国とバブル時代の日本との共通点

 

ご存知のとおり中国の投資家の勢いが止まりません。この勢いはそう長くは続かないという人もいれば、もうすぐ終わるだろう、という人もいたりと、憶測が飛び交っています。そんな中、長年こちらに住んでる人の中にはこの状況を80年代の日本人と重ねて見ていらっしゃる方もいます。

 

三菱地所がロックフェラーを買収したことは有名ですが、一時期日本人がニューヨークのシンボルを買い占め、ニューヨーク市民を戦慄させたことは記憶に新しいです。いま中国もニューヨークタイムスやアストリアホテルなど、いろいろとニュースを賑わせています。

 

他にも日本の80年代バブルと中国の勢いにはいくつか面白い共通点があります。たとえば不動産購入に特化した旅行会社のツアー。先日中国の新聞社の方とお話をしてきましたが、いま中国本土から不動産ツアーと称したパッケージを利用した御一行様がたくさん訪れているとのことです。どういうプランかといいますと、1週間ほどでマンハッタンの高級住宅を片っ端からまわって、購入したいものがあったら購入してもらう。その間の高級ホテル代はすべて無料、といった信じられないような企画です。もちろん、その旨味だけを狙った変な利用者もいるそうですが、それでもツアー参加者の中から必ず購入者は何人か現れるとのことでした。

 

とんでもないな、と思うかもしれませんが、80年代後半日本人も同じようなことをしてたという話を聞きました。不動産会社と旅行会社が組んで、企画をつくり不動産をまわるツアーがあったと。現在でも小規模であれば不動産紹介をメインにしたツアーを弊社でもやっておりますが、現在の中国、かつての日本と比べれば熱が違います。

 

その時代に不動産会社を立ち上げた日本人も多かったように、いまニューヨークでは中国の不動産会社が不足しているという声も聞きます。これから中国の不動産会社も増えるでしょう。日本企業である弊社にも中国のお客様がたくさん来ているほどです。

中国人の勢いはどこまで続くのでしょうか。ただ彼らが一様にいうのは、自分たちは日本のバブルの失敗を知っている、です。日本人はバブル崩壊後、購入金額の半値ほどで投資物件を手放していったという話はアメリカでも中国でも有名です。

ますます盛り上がる投資市場。中国人の投資家の行方は?弊社には日本語が話せる中国人エージェントも数多くいますので、中国市場について知りたい方、中国人のお知り合いが困っている、という際はいつでもご連絡ください。  

 

Comment

ニューヨークが一位に選ばれた

Comment

ニューヨークが一位に選ばれた

ニューヨークが一位に選ばれた

 

2014年、ニューヨークの高級住宅価格が18.8%上昇したようです。これにより英国の不動産大手ナイト・フランクのプライム・グローバル都市指数による上位100都市の1位に選ばれました。ニューヨークに住んでいるとわかりますが、家賃の高騰がうなぎ登りです。このままいけば一部の富裕層以外住めなくなるのではないか、そう危機感を抱いている人もたくさんいます。

 アーティストはどんどんブルックリンに移動していましたが、最近ではブルックリンの家賃も高騰しているため、デトロイトに移住するアーティストも増えています。家賃が上がると、居住者が変わるのはもちろんお店もどんどん変わります。個人経営の個性的なカフェなどはどんどん姿を消し、スターバックスなどのチェーン店ばかりがマンハッタンには並ぶようになりました。家賃が高いためオーナーも売上を上げなければならず、カフェのスペース(座席の間隔)も窮屈なお店が増え、なかなかゆっくり落ち着ける場所も少なくなってきたと感じます。

 長年マンハッタンに住んでいるニューヨーカーの多くが、マンハッタンはださくなったと言います。自分自身長くマンハッタンに住んでおり、クイーンズやブルックリンと比べると断然便利だとは思いますが、そろそろブルックリンに戻ろうかなと思い始めています。

 

 


Comment

ニューヨークの映画館が新しくなった

Comment

ニューヨークの映画館が新しくなった

ニューヨークの映画館が新しくなった

 

先日映画館でアメリカンスナイパーを見てきました。映画もクリントイーストウッド監督だけあってアメリカが作った戦争ものにしてはかなり良かったです、が、何が一番驚いたってリクライング座席です。

日本と比べてニューヨークの映画館はかなり遅れていました。座席も日本のように事前予約制じゃなかったんですが、今回行ってみると座席指定制にシステムがアップグレードしていました。何よりリクライングシート。もちろん日本にもニューヨークにもお金を出せば、こういうシアターはあります。しかし、今回驚いたのは通常の映画館で通常の価格で全部リクライングになっていたことです。数ヶ月前にこの映画館を訪れた時は普通の座席でした。

今回はミッドタウンにある59street&3Avenueに行ってきましたが、ニューヨークでは有名なAMCという大チェーンのシアターなので、今後はすべてのシアターでこのような座席になっていくのかもしれません。最近ハリウッド映画つまらないなって思ってたんですが、椅子があのクオリティであればふらっといってしまいそうです。ぐっすり寝れそうです。ニューヨークのは映画館は日本と比べても安いので、いろいろな活用ができそうです。

日本とニューヨーク。どちらも物件が高いと有名ですが、分野にやってまったく違います。家は圧倒的にニューヨークが高いですが、タクシーは初乗り2ドルちょっとですし、映画館も12ドル程度。日本でジャズをみると1万円はくだらないですが、ニューヨークでは$20程度。こういう比較ができるようになってると、何が正しくて何がおかしいか、なぜこの国ではこの価格で設定されてるのか、など少しずつ世の中仕組みがわかってくるのかもしれません。

 

 


Comment

ニューヨークの人気エリア

Comment

ニューヨークの人気エリア

ニューヨークの人気エリア

 

現在、日本人の間でもブームになりつつブルックリン。マンハッタンの家賃が上がり続けた結果、アーティストどんどんブルックリンに移り始めました。元は危険なエリアもたくさんありましたが、現在は白人、アジア人もたくさんブルックリンの奥地まで動いています。なぜなら、マンハッタンに近いブルックリンのエリア、ブルックリンハイツやダンボ、ウィリアムズバーグはすでにマンハッタンと同等、それ以上の家賃になってしまってるからです。

一人暮らしをしようものなら、もはやこのエリアは$2000は超えてきます。どんなに古くてどんなに汚くてもニューヨークでは関係ありません。ロケーションがすべてです。日本人の感覚からすればどうしてこの価格を払ってまで、ドアが傾いているのか、どうしてこんなに古いのか、と思ってしまいますが、これがニューヨークです。

現在ではブルックリンの中側、ベッドフォードスタイべサントやブッシュウィックといったエリアも人気が出てきてますが、しっかりとエリアを確認しないとまだまだ安全じゃない場所もあります。最近ではそういうエリアに詳しくない方がブルックリンブームにあやかり住み始め被害を受けるといったケースも多々聞きます。

まずは物件を決める前に、専門家やエリアに詳しい人に聞くか、自分でも昼だけでなく深夜もチェックする、そういった用心さも必要です。日本人は多人種と比べると、お金持ちのイメージや抵抗しないイメージがあるため狙われやすいのが現状です。女性の方は特に注意しましょう

 

 


Comment

ニューヨークのアパート事情

Comment

ニューヨークのアパート事情

ニューヨークのアパート事情

 

ニューヨークのアパートは東京と比べてもかなり高いと思います。ニューヨーク市は大きく分けて5区のエリア(ブルックリン、マンハッタン、クイーンズ、ブロンクス、スタテンアイランド)に分かれていて、特にその中心部マンハッタンで一人暮らしをしようと思うと最低でも17万くらいはかかります。

それも日本のように新しくて綺麗でという物件は少なく、古くて床が傾いていて汚いというのが日本人的感覚すると当たり前です。そのため多くの日本人がクイーンズやブルックリンに移動をしますが、最近ではこのエリアも値段が高騰してきているため、マンハッタンからかなり離れないと10万円前後で一人暮らしをするのは難しいといえるでしょう。

そのため多くの人がルームシェアという形をとり、家賃を10万以下におさえようと努めています。それでもマンハッタンであれば10万円を超えてくるのが相場で、どうしてもマンハッタンで10万円以下で住むなら、少し治安が心配なハーレムより上のエリアにするしかありません。比較的安全になってきたとはいえ、まだまだ100%安心といえるエリアではないので、女性の夜歩きなどは注意を払う必要があります。

ニューヨークは高いくせに、物件はしょぼい。それが初めて日本から来た日本人が最初に感じることかもしれません。

 

 


Comment