Viewing entries in
短期アパート

どうなるニューヨークのAIRBNB?

Comment

どうなるニューヨークのAIRBNB?

どうなるニューヨークのAIRBNB?

 

日本でも大ブームのAIRBnBですが、ニューヨークではもう随分前から注目を集めています。利用者が多いからというのはもちろん、ホテル業界との争いでよくメディアで取り上げられているからです。

 

これまでAirbnbは違法のホテルを乱立させ、ニューヨーク市での住宅不足を悪化させていると批判されて来ましたが、ここにきてAIRBnB側はその批判に対処するためか自社データを公開しました。同社によると、2014年11月から2015年11月の間でアパートを1つしか貸し出してないホストが全体の90%、6%は2つのリストを持っていて、残りの4%が3つ以上のを貸し出しているとのことです。この3つ以上の物件を取り扱っている4%のホストが、全収入の約25%を占めているそうです。 データーによれば3つ以上のアパートを持つホストが3541件、1または2つのリストを持つホストが約24,200件となっています。


2008年に設立され、今や世界190ヶ国、34,000都市に広がっているAIRBnB。取り扱いリスティングの数も200万以上を超えています。旅行者にとっては滞在アパートのレパートリーも広がりコストも下がりいいことづくめですが、各都市にはそれぞれの法律があり各地域で摩擦を読んでいます。ホテル業界のパワーの強いニューヨークはなおさらです。

 

これがどういう展開を迎えるかは誰もわかりません。しかし長い目で見れば必ず多くの人にとって便利になるサービスは生き残ります。それが歴史の教えてであり、フラット化・リキッド化、と言われるインターネット時代の大きな潮流だと言えるでしょう。

 


Comment

メキシコで感じたAirbnbの有効な使い方

Comment

メキシコで感じたAirbnbの有効な使い方

メキシコで感じたAirbnbの有効な使い方

 

今回もAirbnbをはしごしてメキシコを泊まり歩いて来ました。改めてAirbnbは家の選び方ひとつでかなり旅の質が変わってくるなと感じました。

 

今回もいかにローカルを知れるかを念頭に旅をしてきたんですが、やっぱり地元の人といかにコミュニケーションが取れるかが肝になってくるわけです。Airbnbでは貸切からルームシェアまで選べると思いますが、ローカルピープルと接したいなら、幾つかポイントがあります

その1、ルームシェアを選ぶ

やっぱり地元の人と交流するにはリビングルームやキッチンといった共有スペースを持つことが不可欠です。仮に貸切を予約した場合は、せいぜい鍵渡しの時しか話す時間はありません。今回のメキシコも先月のカナダでもルームシェアの物件を選んだおかげでかなりの時間を共有でき、現地の情報をたくさん知ることができました。カナダの時なんてわざわざ街を案内してくれる素敵なホストに出会えました。



その2、レビューをチェックする

ホストによっては実際は自分が住んでいる物件ではなく、ビジネスでシェアハウスを運営している場合があります。その場合は、自動で鍵渡しができるシステムを構築してることも多く、ルームシェアだからといってホストとコミュニケーションが取れるとは限りません。そんな時にこそレビューです。ホストが良かった場合、必ずと言っていいほどカスタマーはホストについて言及します。「レストランの情報を教えてくれた」「チェックインを丁寧にしてくれた」などなど。そのレビューからその物件が実際にホストとどれくらいコミュニケーションが取れるか予測することができます。

 

AIRBnBのおかげで明らかに旅の選択肢が増えたことは間違いありません。今まではゲストハウスかホテルにしか泊まれなかったのが、普通の民家に泊まれるようになります。その結果、シャワーの水の出が悪かったり、トイレットペーパーの位置がおかしかったりと、いい面も悪い面もリアルな一面を知ることができます。

できれば一件だけでなく、二件・三件と泊まり歩きができると平均値が取れるので、もっとリアルな旅が実現できると思います。

 

Comment

ニューヨークの短期アパート

Comment

ニューヨークの短期アパート

ニューヨークの短期アパート

 

ご存知の通りニューヨークのホテルはかなり高いです。日本のビジネスホテル以下のクオリティで平気で300ドル取る以上はとってきます。

そこで新しい選択肢とて注目されているのがAirbnbです。日本でも最近普及してきていると思いますが、まだまだグレーゾーンですね。ニューヨークはどうかというと、限りなく黒に近いグレーです。なぜかといえばホテル業界がかなりの力をもっているため、ホテル税を払ってない短期アパートを認めないからです。Airbnbもかなり納税実績を元に戦いましたが、敗北感は否めません。補足しておくと、大家が所有している物件であれば問題ありませんし、1ヶ月以上の滞在であれば基本的に問題ありません。

とはいえ観光客にとっては便利であることは間違いありません。安い費用で多くの選択肢が得られます。大きな声ではいえませんが、ニューヨークに旅行される際は短期アパート(Airbnb)を検討されるのは旅を成功させるために一度は検討されることをお勧めします。ホテルは高いですから。

弊社では英語を学ぶための短期合宿も開催しています。一度チェックしてみてください。

合宿

 

 


Comment