Viewing entries in
留学

海外子育て、親子留学の問題点と無限の可能性

Comment

海外子育て、親子留学の問題点と無限の可能性

海外子育て、親子留学の問題点

親子留学ってこんなに多いのか、とニューヨークに来てから感じることが多々あります。特に、中国人や韓国人、お父さんを祖国へ残してお母さんと子供で海外留学というのはそこら中で見かけます。お父さんが母国でせっせと働きながら仕送りをし、お母さんは子供に英語を勉強させたり一流の学校へ行かせようと海外で頑張っています。中国に至っては出産ツアーというものもあって、子供を海外で産んでアメリカの市民権を取らせて帰国という規格外のことも人気でした。

そんな親子留学が最近では日本でも注目が集まってるようなので今日はニューヨークでの学校事情をお話しします。

 

まず日本と同じく無料の公立学校(Public School)と有料の私立学校(Private School)があります。想像に易いですが、公立学校は住んでるエリアによって学校区が決まっているため、人気の学校はなかなか入れません。同じタダなら誰でもいい学校に行かせたいですよね。そんなわけで、お母さんは妊娠と同時に子供の学校を予約するというフライング競争が常識となっています。

そのため、仕方なく有料でもいい学校に入れようと私立学校を選ぶお母さんも多いですが、こちらも入るのが難しい。というのは人種によって入学できる数が決まっているからです。自分より成績が悪い子が受かって自分が落ちるということも普通に起きます。なぜならアジア人は勤勉で成績が良く、日本人は数少ないアジア枠を優秀な中国人エリート、韓国人エリートと争わないといけないからです。最近ではハーバード大學でもアジア人枠を減らすと言いだし問題となりました。

ここまでネガティブな面を上げてきましたが、もちろん各国のお母様方がそこまでしてニューヨークに親子留学に来ることには訳があります。人種の多様性を活かし、10歳までには3カ国が話せるようになる学校もあれば、日本とは違いディベート(討論)に力を入れてる学校もあり、日本では受けられないような機会もたくさんあるからです。

自分自身を振り返っても思いますが、ある程度の歳を重ねてから英語を勉強しても発音の矯正には限界がありますし、ビザの問題は外国人である限りずっと付き合っていかなければなりません。海外子育てはもちろん、海外出産(市民権)を獲得するという選択は、お子さんにとって将来のチャンスを大きく広げる一つの手段であることは間違いないと思います。

 

どんな学校があるかはこちらのサイトから調べることができるので参考にしてみてください。

NY Elemental School Ranking http://www.schooldigger.com/go/NY/schoolrank.aspx

Great Schools http://www.greatschools.org/

Finding Zone  http://insideschools.org/

海外子育てのご相談があればいつでもご連絡お待ちしております。親子留学にピッタリなキッチン付きのコンドミニアムや賃貸アパートも数多く取り扱っています。

 

Comment

留学時に是非相談して欲しい会社3選

Comment

留学時に是非相談して欲しい会社3選

日本に帰って多くの友人と再会してきました。

 

「ニューヨーク人気だなー」

 

そう話してくれたのは、東京シェアハウスを経営する森山さん。森山さんとはニューヨークで会ったのが最初ですが、今回たくさんの留学生を見てきている森山さんからニューヨークの可能性を改めて再確認させてもらいました。

 

ニューヨークに住んでると日本の声が遠くなりがちなのでこう言う話はとても貴重です。森山さんは日本中のシェアハウスはもちろん世界中のシェアハウス、留学斡旋まで紹介されてる凄腕経営者です。何より人が優しくて最高です。今年は色々なカタチでコラボしていこうという話になりました。

 

その他にもニューヨークにある留学会社アイリスの社長、黒須とも会ってきました。彼とは5年の付き合いで結構長いです。現地サポートができる留学会社が少ない、現地に行ってから被害を受ける留学生が多い、という経験から会社を設立した熱い男です。未だに当時の志は一切ブレていませんでした。さすがです。今は日本にもオフィスを借りて窓口を作っています。

 

 

今回はこの二人をお互いに紹介したんですが、二人ともすごく気があってました。やっぱり利益主義じゃなく、ビジョン思考の人はお互いにわかるんだと思います。

 

またご自分で留学会社を経営し、今はヨーク国際留学センターで外部アドバイザーに就任しているヒロさん。ヒロさんもめちゃくちゃ熱い人です。12月に仕事のし過ぎで倒れて、僕が会った年末はちょうど退院明けでした。志のためにやらなければならない、とヒロさんは留学生が必ず何かを得る留学にしてもらうよう命を削ってます。今年から留学→就職までを見据えたサポートをも始めるそうです。オーストラリアやヨーロッパ、アジア留学の際は是非ヒロさんに相談してみてください。

 

今回は友達自慢みたいになってしまいましたが、留学するに当たってこの3人の会社は本当にオススメなので是非一度問い合わせしてみてください。3人とも変に期待を膨らませるような嘘や誇張はしないと思うので、留学に淡い夢だけ過剰に膨らませている方は要注意です笑 

 

シェアハウスのことなら、東京シェアハウス。ニューヨーク留学のことならアイリス。その他海外留学のことならヨーク国際留学センターのヒロさんを100%押します。もちろん僕もその間に入って色々とサポートしていけたらと思います。今年は短期留学からでもいいので是非勝負しましょう。

頭であれこれ考えても世界のことなんて絶対わかりません。飛行機のチケットを買って初めて道は開けます。

 

Comment

外国人の彼氏・彼女をつくれば英語が話せるようになるのか

Comment

外国人の彼氏・彼女をつくれば英語が話せるようになるのか

外国人の彼氏・彼女をつくれば英語が話せるようになるのか

 

「外国人の彼女をつくればいいじゃん」

海外で英語を勉強したい、と誰かに相談すると大体こういうアドバイスが返ってきます。これについて検証してみましょう。

まず日本人男性の場合。自分の周りにも外国人女性と付き合っている日本人男児はたくさんいますが、「英語の勉強のため」と思ってる人は皆無ですね。「英語の勉強のため」と思って相手を探してる人に限って、外国人の彼女はできません。これは不思議、でもなんでもなく当然です。外国人をゲットしよう、という必死感がいやらしいし、その浅はかさが相手に伝わります。言語を学ぶために彼女・彼氏をつくるという、その発想自体が気持ち悪いのは確かです。

これが男女入れ替わると話は変わります。男女平等と騒がれる昨今ですが、現実問題として男性と女性はちょっと違います。男性はヤれたらいい、という人がたくさんいます。フィリピンやタイで女を買いにいく人がいるくらいです。フィリピンやタイまで男を買いにいく女性はいないでしょう。そう考えると女性が外国人男性と付き合う、関係をもつことは簡単です。ただし、いい男とと付き合えるかどうかは全く別問題です。

想像してみてください。「日本語を学ぶためにとりあえず日本人と付き合いたい」そんな人に魅力を感じますか?もし女性だったら「は?」ってなるかもしれません。でも男だったら「遊び相手としてはいいな」って思う人は必ずいます。これが海外ではよく起こっています。変な男につかまってる日本人女性多いです。

逆にいけてる外国人男性と付き合えている日本人女性は、魅力的な人が多いですね。アジアンウーマンを武器にしてるわけではなく、日本人からみても魅力のある人たちです。「英語のため」と必死になるのは下品なのでやめましょう。

次に外国人と付き合えば本当に英語が伸びるかという点です。国際結婚をしてる友人が何人もいますが、彼らが一様にいうのは「英語は別に伸びないよ」です。なぜか。それはたとえ相手が間違った英語を話していても注意しないからです。注意するということはかなり労力がかかります。コミュニケーションが止まります。何よりカップルであれば言語が完璧でなくても言いたいことがわかってきます。わざわざ言葉を間違える度に会話を中断するのはめんどくさいのは当然といえます。

彼らが一様に言うのは、英語を学ぶにはちゃんと「学ぶ時間」をつくらなければならない、ということ。それは学校はもちろん友達に手伝ってもらうのでもいいと思います。間違えたら直してくれる、その環境が大事だと思います。私も外国人と付き合った経験がありますが英語は大して伸びてはいません。毎週J-kuruというグループで日本語を教えていますが、やはりこちらが直さない限り彼らは間違った日本語を使い続けます。実際日本語が伸びている人は日本人と付き合っている人ではなく、自分で学校へ通ったり、自分で先生を見つけて勉強している人たちです。

もちろん全く外国語が話せない人にとっては、国際恋愛するだけで語学力は伸びるでしょう。伸びるというより慣れるという言い方が正しいかもしれません。ただその次のレベルにいくには、「学ぶ時間」とつくることが不可欠です。

外国人の彼女・彼氏ができるのは結果であって、それが目的・手段にならないようにしましょう。

 

Comment

ニューヨークに留学すれば英語が話せるようになるのか その2

Comment

ニューヨークに留学すれば英語が話せるようになるのか その2

ニューヨークに留学すれば英語が話せるようになるのか その2

 

いつもいってますがニューヨークは英語を学ぶには最適だとはいえません。なぜなら”外国人”が多い街だからです。学校でもプライベートでも結局周りの人間にどれだけネイティブが英語を学ぶ上では重要です。ここでどれだけ英語が伸びるかは決まります。

もっとも手取り早いのはネイティブの友達をつくることでしょう。それもマブダチレベル。週に何回も遊べるような友達をつくれればそれだけ英語を使う機会も増えます。ただ人によっては友達をつくるのも少しハードルが高いかもしれません。それもそのはず、やっぱりネイティブにとっても相手が全く英語が使えないとなると、複数での会話が盛り上がらないからです。だるいってなります。

もし日本語で会話が盛り上がってるときに、一人日本語がわからない人が混ざっていたら気を使うと思います。一度だったらいいかもしれませんが、それが続くとさすがにしんどくとなる。何回も続けば前向きにその人を誘わなくなると思います。そういう意味で友達をつくるのは簡単ではありません。もちろん英語を話せないでも気にしない〜♪ 的な社交的な人であれば、相手もいい意味で気を使わずに友達になれたりします。おもろいやつは世界どこいっても好かれるからです。

ただ日本人の気質から考えるとこういう人はマイノリティ、多くの人は英語が話せないと周りに迷惑をかけるから、こちらか引いていくと思います。これが日本人です。

そんな人のためにJ-kuruというグループがあります。

ここでは日本語を学んでいる親日ニューヨーカーが集まります。これはやってみてわかったんですが、日本語を学ぶ人は日本人の気質に近い人が多いということです。また同じく他言語を学ぶ立場なので言葉がスムーズに話せないつらさ、葛藤なども共有しています。何よりみんな日本語を勉強しているため英語が全くできなくても大丈夫。片言の英語を使いながら日本語を教えてあげられれば、どちらにとってもいい関係になれます。

このグループを通して”生涯の同志”レベルの友達をつくってる人がたくさんいます。土日にコーヒー会を始めたり、パーティ三昧したり、誕生日は一緒に祝ったりなどかなりみんな仲良いです。週6日で勉強会を開いているだけでなく、Language Exchange House(シェアハウス)も運営しているので興味のある方はぜひご連絡ください。かなりのスタートダッシュをかませる思います。

《J-KURU NEWYORK》

Face BookPage

Official Home Page

Comment

ニューヨークに留学すれば英語が話せるようになるのか

Comment

ニューヨークに留学すれば英語が話せるようになるのか

ニューヨークに留学すれば英語が話せるようになるのか

 

英語を勉強したい、そんな想いで留学される方は多いと思います。英語を勉強するには、語学学校、友人をつくる、彼氏彼女をつくる、アメリカ人とルームシェアをする、などなどいろいろあると思います。大事なのはそれを運任せにしてしまうか、それとも適切な情報を事前に入手し間違いのない選択をするかです。

例えば学校選び。ニューヨークにはたくさんの語学学校があります。授業料が高いところ安いところ、有名なところマイナーのところ、などなど。そんな中何を基準に学校を選べばいいのでしょうか。

まず留学会社に完全丸投げはオススメしません。なぜなら留学会社は知識のない人には必ずといっていいほど授業料の高い学校をすすめてくるからです。なぜか、その方が儲かるからです。留学会社は新しい生徒を一人紹介するにつき、学校から10-20%の手数料をもらいます。そのため授業料が高い学校に入ってもらった方が手数料が高くもらえます。留学会社が紹介する不動産(ホームステイやドーム)の評判が悪いのも、高いだけで質がともなってないケースが多いからです。

この問題の根本的な原因は多くの留学会社がニューヨークの最新事情をわかってないために起こります。留学会社にもふた通りあります。日本に拠点をおく会社かニューヨークに拠点をおく会社かです。3年前まではアジア人が少なかった学校が今ではアジア人だらけといったこともよくあります。一緒に学ぶ生徒の質によって授業の質は全く変わってきます。そういった最新情報は現地にある会社じゃないとなかなかわかりません。私の友人もそういった理由でニューヨークで留学会社を経営しています。

留学会社を選ぶのも大事ですが、どこの学校にどういう人種が多いか、授業のプログラムはどうかなどある程度自分で知識をつけておくことが一番のセーフティネットだと思います。そのためには現地の留学会社、もしくは現地で今実際に学校に通っている人に聞くのが一番です。もし現地に知り合いがいない、という方は私に連絡をいただければ留学会社でも語学学生でもつなぎますので気軽にご連絡ください。 line - @ypr4229v

 その他の英語の学ぶ方法、友人をつくる、彼氏彼女をつくる、アメリカ人とルームシェアについてはまた次回書きます。

 

 

Comment

Language Exchange House、短期で英語を学びたい方へ

Comment

Language Exchange House、短期で英語を学びたい方へ

Language Exchange House、短期で英語を学びたい方へ

 

正直ニューヨークは英語を学ぶには適当だとはいえません。なぜなら住む人がほとんどが外国からの移住者だからです。日本人の英語アクセントを想像したらイメージできると思いますが、それぞれがそれぞれのアクセントをもっています。日本人もたくさんいます。語学学校へ通ってもネイティブと話す機会はほとんどありません。ホームステイをしてもみんな忙しいので誰も家にいません。

そう、ニューヨークは英語を学ぶには最適な場所ではないんです。英語を学びたいなら田舎の町へ行った方が格段に伸びるし、そういった環境づくりがとても簡単だと思います。

とはいえ、ダンスや音楽、アートそういった何か自分の夢を目指しなら英語も学びたいという人はいると思います。そういう方達におすすめなのがLanguageExchangeHouseです。ここでは日本語を学んでいるニューヨーカーが居住しているため喜んで会話の機会をつくってくれます。何よりJ-kuruというグループを母体にしているため、コミュニティに遊びに行けば他にも友達をつくることができます。ニューヨーク生活、外国人の友達をつくりたい、英語を学びたい、そんなスタートダッシュをきるにはこれ以上にないシェアハウスだと思います。

《J-KURU HOUSE》Language Exchange House

 

12月から空きがでます。

 

Comment

ニューヨークの短期アパート

Comment

ニューヨークの短期アパート

ニューヨークの短期アパート

 

ご存知の通りニューヨークのホテルはかなり高いです。日本のビジネスホテル以下のクオリティで平気で300ドル取る以上はとってきます。

そこで新しい選択肢とて注目されているのがAirbnbです。日本でも最近普及してきていると思いますが、まだまだグレーゾーンですね。ニューヨークはどうかというと、限りなく黒に近いグレーです。なぜかといえばホテル業界がかなりの力をもっているため、ホテル税を払ってない短期アパートを認めないからです。Airbnbもかなり納税実績を元に戦いましたが、敗北感は否めません。補足しておくと、大家が所有している物件であれば問題ありませんし、1ヶ月以上の滞在であれば基本的に問題ありません。

とはいえ観光客にとっては便利であることは間違いありません。安い費用で多くの選択肢が得られます。大きな声ではいえませんが、ニューヨークに旅行される際は短期アパート(Airbnb)を検討されるのは旅を成功させるために一度は検討されることをお勧めします。ホテルは高いですから。

弊社では英語を学ぶための短期合宿も開催しています。一度チェックしてみてください。

合宿

 

 


Comment

ニューヨークのシェアハウスで気をつけたいこと

Comment

ニューヨークのシェアハウスで気をつけたいこと

ニューヨークのシェアハウスで気をつけたいこと

 

ニューヨークの家賃は高騰を続けています。5年前は$1000だった物件がいまでは$2,000といったこともザラにあります。それだけに一人暮らしが金銭的に厳しく、ルームシェアを選ぶという人たちも増えてきました。日本人の方の中には英語を学ぶためにホームステイやルームシェアを希望される方もいらっしゃいます。ホームステイに関しては以前の記事でも書きましたがニューヨークではあまりお勧めできません。ルームシェアに関しては本当に人次第です。なぜならトラブルが最も多いのもルームシェアだからです。

ニューヨークにはさまざまなバックグラウンドをもつ人が集まっています。食生活一つをとっても全然違います。インド人と住むとカレーの匂いが。。。韓国人と住むとキムチの匂い。。。がといった不満を漏らす方もたくさんみてきました。とはいえ食の問題は大したことはありません。それよりも生活習慣の違いが大きな問題になります。たとえば日本人と中国人とでは”綺麗”のレベルが違います。ゴミ袋を平気で何週間も溜め込んだり、床に食べ物を放り投げたり、壁に鼻くそをつけたりなどなど。相手に悪気があるのではなく、日本人の平均モラルの高さが世界で群を抜いているという事実をまず認識する必要があります。どの国の人と住んでも基本的には問題はあると覚悟を決めましょう。

日本人の女性は基本的になめられてるので、あらゆる外国人・じじいからでさえ積極的にアプローチがかかります。ルームメートにセクハラされた、夜いきなりドアをあけて入ってきて襲われそうになったという話も幾度となく聞かされました。これが韓国人の女性だったらブチ切れてやり返しているでしょうが、日本人の女性はやさしすぎるんでしょう。基本的に押せばヤレる、少なくともチャンスはある、と思われているのは確かなので気をつけましょう。英語を勉強したいからといって、英語ができる人に盲目にならないようにしてください。

そこで英語を勉強したい、という方向けの安全なシェアハウスをご紹介します。ここでは日本語を勉強しているニューヨーカーと日本人が暮らしています。ニューヨーカーは忙しく家にいないためなかなかコミュニケーションをとる機会がないのは現状ですが、ここでは日本語を学びたいネイティブスピーカーが集まっているため積極的にコミュニケーションの時間をつくってくれます。なにより審査を通過した素性のしれたニューヨーカーなので安全です。

もし興味があればこちらからチェックしてみてください。

 

 

Comment

ホームステイで失敗

Comment

ホームステイで失敗

ホームステイで失敗

 

ニューヨークでのホームステイでがっかりする日本人の方は多いと思います。西海岸や田舎町と違い、ホストファミリーと楽しくディナーしたり、お出かけしたりということはほとんどないからです。

私自身ホームステイを体験していますが、ニューヨーカーは忙しい人が多く家でコミュニケーションをとる機会がほとんどありませんでした。私だけでなくほとんどの経験者は同じ様に体験談を語ります。それだけでなく、ロケーションが悪い物件がかなり多くあるといえます。

ホームステイを利用される方のほとんどは日本にある留学エージェント会社からの紹介になります。問題はその留学エージェントがニューヨークのことを全く知らないところにあります。マンハッタンまで電車ですぐだよ、と言われみれば、1時間以上。見渡す限りアジア人は0。現地ニューヨーカーでさえ危ないから、と避ける治安の悪いエリア。これは先週お客さんから実際に聞いた話です。仕事柄どこの地域がどういうエリアかというのは把握していますが、日本人のお客さんにかつてそのエリアを紹介したことはありません。もちろんリクエストを受けたこともありません。

そんな危険なエリアに一人日本人女性を送り込める無責任さはどうでしょう。日本で留学会社を起こしている友人がいますが、彼はいつも日本の留学会社は偽物が多いといいます。利益主義でお客様のことを全く考えてないということです。なぜなら留学ビジネスは難しい資格などなく誰でも参入できるからでしょう。

分からないからといって日本の留学会社に一任するのはあまりに危険です。一度現地のことは現地の人に、私にご相談ください。

 

 


Comment