Viewing entries in
シェアハウス

ニューヨークの最新不動産トラブル

Comment

ニューヨークの最新不動産トラブル

ニューヨークの最新不動産トラブル

 

ニューヨークでの不動産被害が後を立ちません。最近増えているのが振り込め詐欺。どういう手口かというと、Craiglistとよばれる掲示板で見つけた物件に申し込みをする、すると敷金(前金)を要求され、支払うとそのまま逃げられる、とうコテコテの手口です。

自分が住んでもない物件の情報をネットに出し、あたかもオーナーであるかのように振る舞い、前金を持ち逃げする。誰が引っかかるんだと思いそうなこの手口ですが、手が込んでいるようです。どこで入手したのか、テナントの名前といった詳細情報まで把握していて、何よりメールではとてもナイスなんだそうです。。

まぁこんなのは序の口です。たとえばこんなケース。ただの入居者に過ぎないA男が勝手に大家と名乗り偽の契約書をつくる。偽の契約書でB男と契約し、自分はお金をもってどこかへ消える。本物の大家が見つけた時はA男の姿はなく、代わりに見ず知らずのB男が住んでいる、そこではじめてB男は偽の契約をさせられたことを知る、といった破天荒な事件もあります。

インターネット時代です、自分で物件が探せるなら不動産仲介なんていらないな、って日本にいたときは思ってましたが、ニューヨークではもう少し必要かもしれませんね。

 

今日お会いしたお客さんもルームメートととのトラブルをかかえていました。日系掲示板で見つけた物件のルームメートがクレイジーだとのことでした。薬をやっている、音に敏感で神経質、ドアをどんどん叩いてくる、犯罪歴がある、などめちゃくくちゃです。日本に女友達が10人以上いておれは日本が好きだ、と言ってるそうです。

いつもいってますが、日本語の掲示板にアメリカ人が不動産情報をのせてる場合は要注意。日本人女性狙いの可能性が高いです。

日本人女性は良い意味でも悪い意味でも優しすぎるので気をつけましょう。

 

Comment

ニューヨークでシェアハウスを探すなら不動産屋はいらない

Comment

ニューヨークでシェアハウスを探すなら不動産屋はいらない

ニューヨークでシェアハウスを探すなら不動産屋はいらない

 

ニューヨークでルームシェアを探す方法は大きくわけて3通りあります。

1、インターネット掲示板を使う

ニューヨークにも多くの掲示板があります。不動産からコミュニティ紹介、私物の売買までさまざまな情報が個人発信で行われています。ニューヨークは人種のるつぼと言われるだけあって、米系の掲示板はもちろん、日本、中国、韓国とそれぞれの国に特化したものも多いです。ルームメート探しは個人対個人のやりとりが多いため、掲示板にいけば不動産屋を通さなくても見つけることができます。ここでは代表的な掲示板をあげておきます、

ローカル掲示板  Craig list  日系掲示板 MixB  韓国系掲示板  HeyKorean  中国系掲示板 ChinaRen

なるべく予算をおさえたい、不動産屋に払う仲介手数料がもったいない、そんな方はまずは自力で探されてみてはいかがでしょうか。ただしローカルのCraiglistを使う時は気をつけましょう。詐欺が多発しています。最近では物件に呼び出してマグる(強奪する)輩が増えていると今週ニュースになっていました。ニューヨークだということを忘れず、細心の注意を払いましょう

2、ネット検索やアプリをつかう

シェアハウスを経営してる人のほとんどは上記の掲示板に空き部屋情報をのせていると思いますが、中にはのせてない人もいます。そんな時はニューヨークーシェアハウスなどで検索してみましょう。Roomyといったアプリも最近は普及しているようです。こちらも偽情報が多いようです。めちゃくちゃ安い掘り出し物件を見つけたと思ったらすべて嘘の情報だった、先に家賃を払ったらとんずらされた、ってことも頻繁に起こってます。ニューヨークは空室率1-2%の街です。お得な物件を見つけたら、「掘り出し物だ!」と思うのではなく「なんか怪しいな」と思うくらいでちょうどいいと思います。

 

3、不動産屋を使う

そういう問題を防ぐために不動産屋がいます。貸し手と借り手の間に入り、必要な情報を聞き出し、双方の納得いく契約をする。これが彼らの仕事です。そういった理由から不動産屋にしか入らない物件情報もあります。ニューヨークには人種も含めさまざまな人が生活しています。家を探している人はもちろん、家を貸す方も最新の注意を払っています。またニューヨークは人種差別に対してかなり敏感な街です。黒人のテナントが欲しい、白人のテナントが欲しいといった差別用語は、基本的に禁止されています。そのため大家は間に不動産屋をたててスクリーニングをかけているという現実もあります。

ただしルームメート募集に関しては個人対個人の契約になるので、男性のルームメートがいいのか、女性のルームメートがいいかなど、希望するルームメートを情報として開示することはできるのでご安心ください。男女間のトラブルもあります。ルームメートが探しは慎重に。

 

以上のようにルームシェアをする場合は、個人対個人の合意という形になるので、審査も厳しくありませんし、自分で探すことも簡単にできます。その分だけ、いろいろな情報やいろいろな人間が絡みあい、自己責任で情報を選択しなければならないリスクが発生します。海外生活に慣れてない方は、まずは母国語の掲示板を利用することをオススメします。

それでも不安な場合は不動産屋にお願いしましょう。仲介手数料で安全を買うと考えればそれほど悪い投資ではないのかもしれません。せっかく夢をもってニューヨークに来たのに家のトラブルで時間をとられてはもったいないですから

Comment

ニューヨークに留学すれば英語が話せるようになるのか その2

Comment

ニューヨークに留学すれば英語が話せるようになるのか その2

ニューヨークに留学すれば英語が話せるようになるのか その2

 

いつもいってますがニューヨークは英語を学ぶには最適だとはいえません。なぜなら”外国人”が多い街だからです。学校でもプライベートでも結局周りの人間にどれだけネイティブが英語を学ぶ上では重要です。ここでどれだけ英語が伸びるかは決まります。

もっとも手取り早いのはネイティブの友達をつくることでしょう。それもマブダチレベル。週に何回も遊べるような友達をつくれればそれだけ英語を使う機会も増えます。ただ人によっては友達をつくるのも少しハードルが高いかもしれません。それもそのはず、やっぱりネイティブにとっても相手が全く英語が使えないとなると、複数での会話が盛り上がらないからです。だるいってなります。

もし日本語で会話が盛り上がってるときに、一人日本語がわからない人が混ざっていたら気を使うと思います。一度だったらいいかもしれませんが、それが続くとさすがにしんどくとなる。何回も続けば前向きにその人を誘わなくなると思います。そういう意味で友達をつくるのは簡単ではありません。もちろん英語を話せないでも気にしない〜♪ 的な社交的な人であれば、相手もいい意味で気を使わずに友達になれたりします。おもろいやつは世界どこいっても好かれるからです。

ただ日本人の気質から考えるとこういう人はマイノリティ、多くの人は英語が話せないと周りに迷惑をかけるから、こちらか引いていくと思います。これが日本人です。

そんな人のためにJ-kuruというグループがあります。

ここでは日本語を学んでいる親日ニューヨーカーが集まります。これはやってみてわかったんですが、日本語を学ぶ人は日本人の気質に近い人が多いということです。また同じく他言語を学ぶ立場なので言葉がスムーズに話せないつらさ、葛藤なども共有しています。何よりみんな日本語を勉強しているため英語が全くできなくても大丈夫。片言の英語を使いながら日本語を教えてあげられれば、どちらにとってもいい関係になれます。

このグループを通して”生涯の同志”レベルの友達をつくってる人がたくさんいます。土日にコーヒー会を始めたり、パーティ三昧したり、誕生日は一緒に祝ったりなどかなりみんな仲良いです。週6日で勉強会を開いているだけでなく、Language Exchange House(シェアハウス)も運営しているので興味のある方はぜひご連絡ください。かなりのスタートダッシュをかませる思います。

《J-KURU NEWYORK》

Face BookPage

Official Home Page

Comment

Language Exchange House、短期で英語を学びたい方へ

Comment

Language Exchange House、短期で英語を学びたい方へ

Language Exchange House、短期で英語を学びたい方へ

 

正直ニューヨークは英語を学ぶには適当だとはいえません。なぜなら住む人がほとんどが外国からの移住者だからです。日本人の英語アクセントを想像したらイメージできると思いますが、それぞれがそれぞれのアクセントをもっています。日本人もたくさんいます。語学学校へ通ってもネイティブと話す機会はほとんどありません。ホームステイをしてもみんな忙しいので誰も家にいません。

そう、ニューヨークは英語を学ぶには最適な場所ではないんです。英語を学びたいなら田舎の町へ行った方が格段に伸びるし、そういった環境づくりがとても簡単だと思います。

とはいえ、ダンスや音楽、アートそういった何か自分の夢を目指しなら英語も学びたいという人はいると思います。そういう方達におすすめなのがLanguageExchangeHouseです。ここでは日本語を学んでいるニューヨーカーが居住しているため喜んで会話の機会をつくってくれます。何よりJ-kuruというグループを母体にしているため、コミュニティに遊びに行けば他にも友達をつくることができます。ニューヨーク生活、外国人の友達をつくりたい、英語を学びたい、そんなスタートダッシュをきるにはこれ以上にないシェアハウスだと思います。

《J-KURU HOUSE》Language Exchange House

 

12月から空きがでます。

 

Comment

ニューヨークのシェアハウスで気をつけたいこと

Comment

ニューヨークのシェアハウスで気をつけたいこと

ニューヨークのシェアハウスで気をつけたいこと

 

ニューヨークの家賃は高騰を続けています。5年前は$1000だった物件がいまでは$2,000といったこともザラにあります。それだけに一人暮らしが金銭的に厳しく、ルームシェアを選ぶという人たちも増えてきました。日本人の方の中には英語を学ぶためにホームステイやルームシェアを希望される方もいらっしゃいます。ホームステイに関しては以前の記事でも書きましたがニューヨークではあまりお勧めできません。ルームシェアに関しては本当に人次第です。なぜならトラブルが最も多いのもルームシェアだからです。

ニューヨークにはさまざまなバックグラウンドをもつ人が集まっています。食生活一つをとっても全然違います。インド人と住むとカレーの匂いが。。。韓国人と住むとキムチの匂い。。。がといった不満を漏らす方もたくさんみてきました。とはいえ食の問題は大したことはありません。それよりも生活習慣の違いが大きな問題になります。たとえば日本人と中国人とでは”綺麗”のレベルが違います。ゴミ袋を平気で何週間も溜め込んだり、床に食べ物を放り投げたり、壁に鼻くそをつけたりなどなど。相手に悪気があるのではなく、日本人の平均モラルの高さが世界で群を抜いているという事実をまず認識する必要があります。どの国の人と住んでも基本的には問題はあると覚悟を決めましょう。

日本人の女性は基本的になめられてるので、あらゆる外国人・じじいからでさえ積極的にアプローチがかかります。ルームメートにセクハラされた、夜いきなりドアをあけて入ってきて襲われそうになったという話も幾度となく聞かされました。これが韓国人の女性だったらブチ切れてやり返しているでしょうが、日本人の女性はやさしすぎるんでしょう。基本的に押せばヤレる、少なくともチャンスはある、と思われているのは確かなので気をつけましょう。英語を勉強したいからといって、英語ができる人に盲目にならないようにしてください。

そこで英語を勉強したい、という方向けの安全なシェアハウスをご紹介します。ここでは日本語を勉強しているニューヨーカーと日本人が暮らしています。ニューヨーカーは忙しく家にいないためなかなかコミュニケーションをとる機会がないのは現状ですが、ここでは日本語を学びたいネイティブスピーカーが集まっているため積極的にコミュニケーションの時間をつくってくれます。なにより審査を通過した素性のしれたニューヨーカーなので安全です。

もし興味があればこちらからチェックしてみてください。

 

 

Comment