Viewing entries in
エリア特集

ブルックリンの人気エリア5選

Comment

ブルックリンの人気エリア5選

ブルックリンの人気エリア5選

 

「ブルックリン」は大きく30以上のエリアに分けられ、それぞれが地域が独自の個性を誇っています。もはやマンハッタンの補欠的な地位だったブルックリンの面影はなく、世界中からダイレクトに「ブルックリン」を目掛けて個性派が飛び込んできています。その中でも特に人気の高いエリアをご紹介します。

Park Slope

ブルックリンの最大の公園「プロスペクトパーク」に至るまでの丘にあることから、その名前が付けられています。プロスペクトパークもマンハッタンのセントラルパークを設計したフレデリック・オルムステッドとカルバートヴォー、に作られました。

パークスロープは、9ストリートを境に「ノーススロープ」と「サウススロープ」に分かれています。パークスロープは、静かな環境で、良いレストラン、良い学校が多く、プロスペクトパークにも近接していることからファミリーにとても人気があります。歴史的なブラウンストーンとガスランプで知られています



WILLIAMSBURG

 

言わずと知れた芸術家や作家に人気の場所として、今やマンハッタンのイーストビレッジを凌駕しています。その人気から家賃の高騰の問題がありますが、まだまだ歴史と伝統が豊富に残っており古典的なブルックリン地区の一つといえるでしょう。アーティストやミュージシャンだけでなく、成功した専門家やその家族、が多く住んでいます。

1980年代に、古いものと新しいものの興味深いブレンドが始まり、若いアーティストや起業家が高騰するマンハッタンから移り住み、大規模なオープンスペースや高い天井を活かして個性的なお店を作っていきました。家賃が高騰している今でも20代の個性派には抜群の人気があります。

 

Dumbo

 

このかつて賑やかだった工業地域は、高い天井、広々とした客室、テラスを備えた19世紀の倉庫やアートギャラリー、そしてエレガントなマンションとの鮮やかな融合が魅力的です。ダンボは成功した実業家や芸術家が数多く住んでいます。ダンボから見るマンハッタンの最高の景色、古典的な石畳の通りが有名です。


Cobble Hill・Carroll Garden

コブルヒル、キャロルガーデンは主に若い実業家や若い夫婦と若い家族で構成されています。地域の特徴でもあるブラウンストーンの家は、裏庭を持ってることが多いのも魅力的です。

 

キャロルガーデンはフランス人の影響が強く、フランス革命記念日の7月14日は毎年イベントが行われています。

 

 

 

BUSHWICK

ウィリアムズバーグの隣に位置し、比較的まだ家賃も高騰してないことから多くのアーティストが移動しています。ブッシュウィックは、かつて独立していた町であり、その歴史の中で様々な領土の変更を受けてきました。今日、大部分はヒスパニックで構成されており、他の地域に比べてアパートは安く、場所によってはまだまだ治安に不安を残す場所もあります。

 

日本はもちろん世界中にブルックリンネームが浸透してきています。しかし同じブルックリンと言えど場所によって特徴も景観も違うのはもちろん、人種構成や治安面も180度違ってきます。ブルックリンのネームバリューに騙されることなく、しっかりと地域を選択することが重要だと思います。

Comment

マンハッタンのイーストビレッジとは?

Comment

マンハッタンのイーストビレッジとは?

マンハッタンのイーストビレッジとは?

 

マンハッタンのイーストビレッジはかつては「ニューヨークのボヘミア」とも呼ばれ、自由奔放な若者やアーティストなどが多く居住する地区でした。ミュージカルのレントを見ていただけるとイメージしやすいかと思います。

 

治安も悪く麻薬取引などが横行していた時期もありましたが、現在では若者向けの「ヒップな街」に生まれ変わっています。日本人経営によるレストランや商店も多く、マンハッタンのなかでも最も日本人の多い地域のひとつとなっています。

そんなイーストビレッジの家賃相場 は、賃貸物件でワンルーム$2000~、ルームシェアで$1200~、たまに激安物件で$1500前後のワンルームも出てくることもあります。だいたいそういう激安物件はアルファベットアヴェニューと呼ばれるイーストリバー近くのエリアになります。最近では安全になってきましたが、プロジェクト(低所得者用住宅)も多く、私の友人もひったくりに会ったので油断はできません。

イーストビレッジに興味のある方はいつでもご相談ください。マンハッタンの中で最も個性派の若者が集まる場所だと思います。
 

 


Comment

ブルックリン、ウィリアムズバーグがなぜ人気なのか

Comment

ブルックリン、ウィリアムズバーグがなぜ人気なのか

ブルックリン、ウィリアムズバーグがなぜ人気なのか

 

「ブルックリンに住みたい」

そういうお問い合わせをよくいただきます。がブルックリンをブルックリンという一言で括るのは正直難しいです、何より危険です。ニューヨークは日本と違って、一駅離れただけで別の世界になったりします。人種が変わり、治安が変わり、街並みが変わります。

 

仕事柄ブルックリンの中でも色々な地域を見てきましたが、おそらく日本人がイメージしている”ブルックリン”は5%未満のエリアです。ダンボやブルックリンハイツ、ウィリアムズバーグといった高級エリアだと思います。その他のエリアはまだまだ治安が悪かったり、ユダヤ人エリア、中国人エリアなど極端に人種が偏っていたり、お洒落なお店もなかったりと想像とはかけ離れているエリアも現実にあります。

もちろん確かな知識を元にあえて他のエリアを選ばれる方もいます。レゲエが好きだからフラットブッシュ。安くてアジア人が多いからベイリッジなど。ただなんとなくブルックリンで探されるなら、なるべく冒険は避けた方がいいでしょう。

やはり日本人にとってもっとも身近で人気のエリアといえば、ブルックリンの中でもウィリアムズバーグ、その中でもベッドフォード駅周辺です。確かにここは少し異色です。人が違います。個性的です。お店が違います。お洒落です。日本の雑誌で取り上げられているブルックリンはほとんどこのエリアだと思います。

もちろん日本人に限らず、ローカルのニューヨーカーや外国人にとっても憧れの場所と化しています。そのため家賃がとんでもないことになっており、ルームシェアでなんと16万円が相場です。ルームシェアですよ。

私も来月からこのエリアに引っ越すことにしたので、最近は街中を探索してるんですが、確かにいいお店いっぱいありますね。ただ銀座のような高級な店という意味ではなく、お洒落なフリーマーケットや雑貨屋や古着屋、倉庫を改造したカフェがあったりと、古い物との融合が独特な空気を作り上げています。今度私も出店予定のArtist Fleaはハンドメイドやビンテージを中心に、観光スポットにもなっています。

ちょくちょく行ったことはあったんですが引っ越すと決めるまでは、”調子に乗ったお洒落気取りの街なんだろう”、といけ好かない気持ちを持ってました。が変わりましたね、一瞬で。

知ったかぶりで判断するのは良くないなと勉強になりました。

皆さんも”ブルックリン”という固定イメージに騙されないようにしましょう。まさに百聞は一見に如かずですね。

 

 


Comment