アメリカの選挙が盛り上がってきてます。今日もカナダ人、アメリカ人(カリフォルニア州出身、ウィスコンシン州出身、ニューヨーク州出身)と話しましたが、みんな口を揃えてバーニーサンダースと言っていました。

バーニーサンダースは 社会主義者で、アメリカのシンボルである資本主義に真っ向から立ち向かう、アメリカ人らしくない政治家です。彼が大統領になればアメリカは大きく変わり、世界も大きく変わることは間違いありません。

 

 

日本と違い、大統領を国民が選べる(代理人を通して)アメリカは選挙がお祭りのように盛り上がる。1年以上の期間をかけて予備選挙、本選挙を戦う上、討論も何度も行われメディアでも多く取り上げられるため国民も嫌でも政治に関心を持ちます。特に今年は世界情勢の混沌から注目度が高い選挙となっています。

 

そこである意味で最も注目度の高いドナルドトランプ、が不動産王ということで、無理やりこの不動産関連ブログに政治の話題を押し込んでいます。身近では彼の悪口を言う人が多いにも関わらず、世論でも昨日のニューハンプシャー予備選でも圧倒的な人気!アメリカは広いなぁって実感します。

 

ニューヨークという多様性が特徴の場所もあれば、中南部といった白人主義の州もある。だから僕が聞いている周りの反応こそ見方を変えれば少数派ということにもなり得ます。トランプが勝てば間違いなく、僕ら日本人には向かい風になるでしょう。それは移民に対する政策が厳しくなり、ビザの維持、ビザの発行が今よりは絶対に難しくなるからです。ビザ申請をされる方はできれば今年中にやっておきましょう。

 

日本のメディアが芸能人ゴシップで盛り上げてる間に、アメリカはメディアが国民の関心を政治に集めています。北朝鮮や中国といった本来なら隣国である日本が関心を持つべき話題も、なぜかアメリカの方が野党も与党も真剣に政策を語り合ってように思えます。まぁ日本は野党の問題が大きいですが。アメリカでも堂々と悪口を言い合ってますが、これが日本だったら、失言だ、ってメディアが大騒ぎして辞任になるような悪口結構ありますね。日本は大きな流れを見れば言論統制に向かってる気がします。それはメディアの責任です。

 

僕らはインターネットのプラス面を利用し、自分で情報を選択し自分を育てていきましょう。

 


Comment