ニューヨークに売春婦あらわる

 

アパートを経営していると色んなお客さんに会います。

あんまり悪口は言いたくないですが、人種によってもけっこう傾向がありますね。文句ばっか言う国民、フレンドリーな国民、部屋の使い方が汚い国民、マナーの悪い国民。まぁ隣国のあの国はけっこうひどいです。ニューヨークの大家からもけっこう嫌われてます。家賃払わない、嘘つき、文句が多い、という傾向が平均的に見ても顕著だからです。もちろんいい人もいっぱいいますけどね。

そんな中、昨日自分が経営しているアパートの横に怪しいテナントがいると報告がありました。頻繁に男を連れ込むアジアン女性がいる。部屋に入った瞬間に喘ぎ声が聞こえてくる。男は毎回違う男。スパニッシュ系の男が多い。この前部屋から出てきた男は口笛を吹いて帰って行ったと。スッキリした顔で。

明らかに不純なビジネスをやってる気配がある。

とその時、先月のある事件を思い出しました。ビルに行ってみるとそこは警察だらけ。何があったか聞いてみると、そのアジアン女性の部屋に泥棒が入り、その男は女性を殴って逃げたと。その時は、何でそんな事件が起きたのにビルのオーナーに報告しなかったのか不思議に思ってました。でも昨日その謎が解けました。

客を連れ込むもお金を払ってもらえずに殴られて逃げられた、でも部屋でビジネスをやってることがバレるとまずいからオーナーには報告できなかった。そういうことだろうと思います。

ということでこの線でもう少し調査を続けてまいります。

ちなみにニューヨークはそういった女性がらみの風営法は厳しいです。道端で売春婦を見ることもなければ、いかがわしい風俗のお店やラブホテルなんかも表立って発見することができません。もちろん今回のように借りた部屋を使ってそんなビジネスをしていたら大問題です。この前もAIrBnBで家を借りてこっそり売春ビジネスをやってた人が捕まってました。

そのアジアン女性がどこの国かはご想像にお任せします。くれぐれもそういうビジネスをしないようにしてくださいね

 


Comment