イタリアとドバイとニューヨークの不動産比較

イタリアとUAEに行ってきました。ホテルに泊まったり、AirBNBに泊まったりと色々と不動産も見てきましたが、大きく3つの違いを感じました。

1、不動産価格

ローマやドバイはニューヨークに比べると3分の2くらいかなという印象。ホテルもAirBNBも含めてです。もちろんエリアによって値段は変わります。例えばベネチアなんて中心部に住もうものなら、100万は超えるよ、と35年ゴンドラを運転するおっちゃんは言ってました。逆に言えば郊外に住めばそうでもないそう。UAEの首都アブダビはドバイの4分の3くらいでしたね。

 

2、不動産のクオリティ

何と言ってもドバイは新しく、ローマは古い。何もかも新しいものを望むならドバイが群を抜きます。ただし街の雰囲気、古くも伝統的な匂いを感じられるのはローマで、外観は何百年前のものでも室内の設備は最新のものが揃っています。例えば僕が泊まった家は、まず古くて大きな扉を開けて中に入ると古い小洒落た内階段がありました、でもその横にはちゃんとエレベーターが付いてたり、室内に入ってもエアコンは近代的なものが揃えられていたりと古くても住むには全く問題ない。

 

それに比べニューヨークはビルも中途半端に古ければ、設備も外付けエアコンだったりボロボロ。家の平均的なクオリティを考えると一番雑だなって印象です。

3、サービスレベル

ホテルでもAirBNBでも大事なのはホスト。そのサービスの如何で旅の満足度は決まります。これは国民性に大きく依存するところが大きく、中東もイタリアも基本的に腰が低くフレンドリーでいいサービスでした。ローマのタクシーでクレジットカードが使える使えないでイタリア人ドライバーと揉めてたら、AirBNBのホストが仲裁に入ってくれたり、ホテルのサービスも基本的には下手からの接客でした。ニューヨークなんてタイムズスクエアのマリオットに泊まった時でもタオルを頼んでも2時間こなかったり、部屋に冷蔵庫なかったり、そもそもフロントの愛想が悪かったり。とまぁめちゃくちゃです。それでも価格はドバイやイタリアのホテルより高め。

 

ニューヨークの悪くちばっかりになってしまいましたが、正直言ってニューヨークの家は高いだけです。質は悪いです。日本と比べると雲泥の差です。あまり期待をしないほうがいい、というのが本音です。高い家賃に備え資金の準備と安い滞在先の探し方は渡米前に確認しておくことをお勧めします。

いつでも気軽に聞いてください

 

Comment