悪い男に引っかかる日本人

 

この仕事をしていると様々なお客様に出くわします。その中でも個人的にショックを受けるようなケースもあります。

ニューヨークでは様々な人種が入り混ざっているため、国際恋愛もめずらしくありません。その中でよくあるのが、日本人女性と黒人男性のカップルの問題です。もちろん素敵なカップルもたくさんいらっしゃいますが、男性に利用されている日本人女性によく遭遇します。どういうことかといえば、ニューヨークの不動産は入居審査がかなり厳しく、悪いレコードがある人はなかなか物件を探すことができません。

アメリカでは人はSSNという番号によって人は管理されていて、悪いレコード(クレジットヒストリー)を持つ人はすぐに調べ上げられます。過去に滞納履歴があったり犯罪履歴があれば、大家さんからの許可を得ることはかなり難しいでしょう。

そんな中、日本人の信頼度を利用し入居試みようとしているカップルが度々現れます。その男性は日本人女性に物件を探させ、日本人女性の名前で借りさせ、中には家賃まで払わせるというケースもあります。最近では、4年も付き合った黒人男性が30代だと聞いていたのに、実は50代と発覚したという知り合いもいました。

もちろんこういったケースは日本でもないことはないと思いますが、日本人は外国人となるだけでガードを下げる傾向がかなり強いので注意が必要です。まずはいろいろな人種や文化を知り、相手を見極める目を養うことが大事じゃないかと思います。

人を疑うことは気持ちのいいことではありませんが、人が良すぎる日本人であれば、人を疑ってかかるくらいでちょうどいいのではないかと思います。

 


Comment