外国人の彼氏・彼女をつくれば英語が話せるようになるのか

 

「外国人の彼女をつくればいいじゃん」

海外で英語を勉強したい、と誰かに相談すると大体こういうアドバイスが返ってきます。これについて検証してみましょう。

まず日本人男性の場合。自分の周りにも外国人女性と付き合っている日本人男児はたくさんいますが、「英語の勉強のため」と思ってる人は皆無ですね。「英語の勉強のため」と思って相手を探してる人に限って、外国人の彼女はできません。これは不思議、でもなんでもなく当然です。外国人をゲットしよう、という必死感がいやらしいし、その浅はかさが相手に伝わります。言語を学ぶために彼女・彼氏をつくるという、その発想自体が気持ち悪いのは確かです。

これが男女入れ替わると話は変わります。男女平等と騒がれる昨今ですが、現実問題として男性と女性はちょっと違います。男性はヤれたらいい、という人がたくさんいます。フィリピンやタイで女を買いにいく人がいるくらいです。フィリピンやタイまで男を買いにいく女性はいないでしょう。そう考えると女性が外国人男性と付き合う、関係をもつことは簡単です。ただし、いい男とと付き合えるかどうかは全く別問題です。

想像してみてください。「日本語を学ぶためにとりあえず日本人と付き合いたい」そんな人に魅力を感じますか?もし女性だったら「は?」ってなるかもしれません。でも男だったら「遊び相手としてはいいな」って思う人は必ずいます。これが海外ではよく起こっています。変な男につかまってる日本人女性多いです。

逆にいけてる外国人男性と付き合えている日本人女性は、魅力的な人が多いですね。アジアンウーマンを武器にしてるわけではなく、日本人からみても魅力のある人たちです。「英語のため」と必死になるのは下品なのでやめましょう。

次に外国人と付き合えば本当に英語が伸びるかという点です。国際結婚をしてる友人が何人もいますが、彼らが一様にいうのは「英語は別に伸びないよ」です。なぜか。それはたとえ相手が間違った英語を話していても注意しないからです。注意するということはかなり労力がかかります。コミュニケーションが止まります。何よりカップルであれば言語が完璧でなくても言いたいことがわかってきます。わざわざ言葉を間違える度に会話を中断するのはめんどくさいのは当然といえます。

彼らが一様に言うのは、英語を学ぶにはちゃんと「学ぶ時間」をつくらなければならない、ということ。それは学校はもちろん友達に手伝ってもらうのでもいいと思います。間違えたら直してくれる、その環境が大事だと思います。私も外国人と付き合った経験がありますが英語は大して伸びてはいません。毎週J-kuruというグループで日本語を教えていますが、やはりこちらが直さない限り彼らは間違った日本語を使い続けます。実際日本語が伸びている人は日本人と付き合っている人ではなく、自分で学校へ通ったり、自分で先生を見つけて勉強している人たちです。

もちろん全く外国語が話せない人にとっては、国際恋愛するだけで語学力は伸びるでしょう。伸びるというより慣れるという言い方が正しいかもしれません。ただその次のレベルにいくには、「学ぶ時間」とつくることが不可欠です。

外国人の彼女・彼氏ができるのは結果であって、それが目的・手段にならないようにしましょう。

 

Comment