バカ高いニューヨークの家賃

 

Airbnbでモントリオールに泊まってきました。$20/dayです。ここはリビングです。

2ベッドルームの一部屋を借りた形になったんですが、場所も内装も外観もかなりよかったです。プライベートバルコニーもついてました。ニューヨークのマンハッタンであれば、一部屋で1日$100以上は貸せる物件です。家賃もニューヨークであれば$4,000は超えてくる物件でしょう。でもここではなんと$1,000。家を貸してくれた彼女もその話をすると唖然としてました。

ニューヨークの家って本当に高いだけだなって改めて思いました。はっきりいって家は古いし弱いししょぼいです。にもかかわらず家賃がこれだけ高いってことは、それだけ世界からの憧れの場所だってことなんだと思います。人が絶えず集まってきます。とはいえ20年前までのニューヨークはこうではありませんでした。観光客もこれほどではなく、家賃も平均3分の1程度だったと思います。私がニューヨークに来てからの5年をみても、5年前は$1350だった物件が今では$2350だったりします。上がりすぎです。住民の給料はそれほど上がってないにもかかわらずです。

それだけ海外からのお金が入る街、特にここ数年は中国の投資家の影響が大きいですね。現在の相場は、マンハッタンで一人暮らし$1800~というところでしょうか。東京でも10万円以下で探せると思えばいかに高いかわかります。なんとブルックリンにあるWilliamsburgのBedfordではルームシェアをしたとしても一人$1,500です。一人暮らしではありません。ルームシェアで、です。ニューヨーカー大変です。

 

 


Comment