不動産エーンジェント選びで失敗

 

日本でも不動産のセールスと言えばフルコミッションというイメージがあるかと思います。ニューヨークではほとんどの会社がフルコミッション制度で動いており、言うなれば個人合戦の世界です。会社が信頼できるからといって不動産エージェントが信頼できるかと言えば全く別の話。同じ会社でも担当者が誰になるかによって、紹介してくれる物件も対応も変わってきます。今までひどい不動産エージェントに会った方の被害報告を何度も聞いてきました。お金を払ったら最後、「もう私は関係ありませんから」と困ったときに電話もとってくれない、そんなエージェントも実際にいます。

不動産屋に問い合わせる際は気をつけましょう。もし担当者が嫌だなと思ったら、自分のためにも「担当者変更をお願いします」と勇気を出して不動産会社にいいましょう。もしくは他の不動産会社にあたるのもいいかもしれません。それくらい「誰にあたるか」で結果とその後の気分は変わってきます。

家探しはただでさえストレスがたまります。みなさんがいいエージェントにあたること、いい物件に巡りあえることを願っています。

 


Comment